亜鉛めっきの特性
1.耐食性 緻密な保護皮膜による防食作用により、強い防錆効果を発揮します。大気、海水、淡水、土壌などの厳しい環境条件から鉄を守り、製品の耐久性を大きく延ばします。
2.経済性 はがれることなく防錆効果が長い年月持続するため、再処理などのメンテナンスは必要ありません。長期的に見れば、他の防錆方法と比較してもはるかに経済的です。
3.密着性 鉄素地と亜鉛がお互いに反応して緻密で厚い合金層を形成し、鉄に強固に密着します。そのため衝撃や摩擦にも強く、鉄素地をしっかり守ります。
4.均一性 めっき槽に浸漬するため、構造や形状の複雑な製品や、タンクやパイプの内側など目に見えない部分でも、隅々にそして均一に亜鉛皮膜を形成することができます。

溶融亜鉛めっき層の断面
 鉄素地と亜鉛が反応してできた合金層は純亜鉛層に覆われていますが、亜鉛はさらに大気に触れると酸素と反応して酸化亜鉛となり、また炭酸ガスと反応して塩基性炭酸亜鉛の薄い膜を形成します。
 これらの皮膜は緻密で密着性に優れているため、外部の腐食環境から錆を遮断する防食皮膜の役割を果たします。
 また、亜鉛表面が破壊された場合には、イオン化傾向が大きい亜鉛が溶け出して鉄素地を守り錆を防ぎます。

詳しい技術資料は、日本溶融亜鉛鍍金協会ホームページをご覧ください
日本溶融亜鉛鍍金協会
 〒105-0003 東京都港区西新橋2-16-1
 TEL (03)5776-1420
ホームページ